信用情報 傷がつく 本当

MENU

信用情報に傷がつくのは本当か?

 

カードローンを利用すると“ブラックリストに載る”とか“信用情報に傷がつく”と聞くので申し込みをやめようか悩んでいます。
こういうことって本当にあるのでしょうか?

 

ウソです。
きちんと返済していれば“信用情報に傷がつくことはありません”ので安心してください。

 

 

信用情報って何か?

ビル

個人がローンやクレジットカードなどを利用した情報が「信用情報機関」というところで管理されています。

 

例えば

  • ローンやクレジットカードの契約内容
  • ローンやクレジットカードの利用状況や返済状況
  • 申し込み中のローンやクレジットカードの内容
  • 公共料金や携帯電話の機種代金(割賦)などの支払い状況
  • 債務整理履歴

 

このような情報と一緒に、個人情報(住所、氏名、年齢、職業、年収・・)が記録されています。

 

 

信用情報が審査に利用されます

 

これらの信用情報は、まさに「個人の信用情報」となり、金融機関でお金を借りるときにその人が信用できる人なのかを判断する材料となっています。

 

 

傷がつくのは「返済滞納」や「債務整理」

 

このように見ていくと、普通に生活している人なら誰でも信用情報に記録されていると思いませんか?

 

“信用情報に傷がつく”というのは、返済を滞納したり、債務整理をしたりした記録が残ったときをいいます。
ですから、カードローンを申し込んだだけで“傷がつくことはありません”し“ブラックリストに載ることはありません”ので安心ください。

 

 

申し込む前にしっかりと計画を

 

ただし利用する中で返済を滞納するようなことがあれば“傷がつく”ことになります
前もって返済計画を立ててから申し込みをするといいですね。