消費者金融 申し込み メリット デメリット

MENU

消費者金融に申し込むメリットとデメリットについて

カードローンに申し込むなら消費者金融がいいという人もいれば銀行カードローンがいいという人もいますね。それぞれメリットとデメリットがありますが、ここでは消費者金融で借りるメリットとデメリットを銀行カードローンと比較しながらご説明したいと思います。

 

消費者金融は審査が緩い

お金

消費者金融で借りるメリットのひとつは銀行カードローンに比べると審査に通りやすいという点です。

消費者金融でも銀行系の大手消費者金融は審査が厳しめですが、中小規模の消費者金融のカードローンの審査は他社借り入れが4,5件あっても通ることがあります。
銀行カードローンの場合は、他社借り入れが3件を超えると審査に通るのは難しくなります。
また、銀行カードローンは債務整理や延滞の登録が信用情報機関に残っていると融資は受けられませんが、中小規模の消費者金融のカードローンなら、返済の遅延の程度によっては借りれる場合もあります。

 

消費者金融はサービスが充実している審査が早い

消費者金融は即日融資が可能で、来店不要で契約ができます。
銀行カードローンも同じようなサービスを行っているところがありますが、地銀などだと来店しないと契約手続きができない場合もあります。
また、いったん会員になれば、ネットでの振込み融資の依頼はもちろん電話でも依頼ができ、即日、指定の口座にお金を振り込んでもらうことができます。審査では在籍確認もありますが、最近では、相談すれば、電話による在籍確認に替えて、書類提出で在籍確認をしてくれるところもあります。

 

消費者金融は金利が高い

さて、次にデメリットですが、消費者金融のデメリットと言えば金利が高いことでしょう。
最高金利は18.0%あるいは20.0%というところもあるので、銀行カードローンの14.0%台に比べるとかなり利息の負担が増えることになります。
ですから、もし短期で返済可能なら、プロミスやアコムのような無利息期間つきのカードローンを利用すると銀行カードローンよりもお得に借り入れができます。

 

無職の専業主婦は借りにくい

無職の専業主婦の中にも消費者金融で借りたいと考えている方がいるかもしれませんが、銀行系の大手消費者金融では、残念ながら専業主婦には融資をしていません。
中小規模の消費者金融なら借り入れができる場合もありますが、カードローンの契約には、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出が必要になります。
また、場合によっては配偶者の収入証明書の提出も求められます。ですから夫に内緒では借りれません。もし、夫に内緒で借りたいと思われる無職の専業主婦の方は銀行カードローンなら本人確認書類だけで契約ができます。

 

消費者金融は総量規制対象

消費者金融のカードローンは総量規制の対象になっているので、借入するときに提出書類が多くなります。
たとえば、1社からの借り入れが50万円を超える場合や、複数の貸金業者からの借入が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。
銀行カードローンなら多くの場合、限度額が200万円あるいは300万円を超えなければ、収入証明書の提出は必要ありません。
専業主婦が借りる場合に余分の書類の提出が必要なのもこの総量規制があるからです。

 

消費者金融には良さもあれば欠点もあります。銀行カードローンと比較しながら、ご自分に合ったカードローンを選んでくださいね。