カードローン 審査

MENU

カードローンの審査の特徴

カードローンの審査は他の審査と比べると簡素化されているので、即日融資も可能ですね。
審査のハードルも低いので正社員でなくてもアルバイトやパートでも申し込みができます。
また、無職の専業主婦や年金受給のみの人が借りれる銀行カードローンもあります。
ここでは、そんなカードローンの審査についてご説明したいと思います。

カードローンの審査でチェックされること

カードローン

カードローンの仮審査はコンピューターによる自動審査なので、仮審査の結果はすぐにわかります。
仮審査は申し込みフォームに入力した内容によって行われます。
職業や勤務先、雇用形態、年収、勤続年数、住居、保険の種類、他社借り入れ件数などです。
安定した収入が得られる職業で、正社員として働いていて勤続年数も長ければ審査には有利になります。
また、住居は住宅ローンのない持家に長年住んでいれば審査のポイントが高くなります。
無職の専業主婦が消費者金融のカードローンに申し込んだ場合は、本人の審査はもちろん行われますが、配偶者に関する個人情報も一部、審査されます。
専業主婦の配偶者がチェックされる個人信用情報は氏名や住所、生年月日、電話番号、勤務先の商号または名称、運転免許証の番号、本人確認書類の記号番号です。

カードローンでは借入状況も審査される

カードローンの申し込みフォームには他社借り入れ件数と借入総額の残高も申告しますが、これも審査されます。
金融機関や消費者金融は自分が会員になっている信用情報機関に申し込み者の信用情報を確認して、借入金額や借り入れ件数、返済状況などをチェックします。
もし、延滞や債務整理の記録が残っていれば、金融機関や大手消費者金融からは借り入れができません。
また、消費者金融からは年収の3分の1までに金額しか借りれないので既にそれを超える借り入れ残高があれば審査には通りません。

カードローンの審査で行われる在籍確認

カードローンの審査では在籍確認も行われます。
在籍確認の電話は普通は非通知で個人名で行われるので、消費者金融のカードローンに申し込んだとは分かりません。
無職の専業主婦が申し込んだ場合は、在籍確認はありませんが、本人確認の電話がかかってきます。
カードローンに夫に内緒で申し込んでいて自宅に電話がかかってくるのが都合が悪い場合は、自分の携帯電話を連絡先として申告することもできます。
ちなみに消費者金融のカードローンに無職の専業主婦が申し込む場合は、配偶者の同意書が必要で夫に内緒で申し込めないのであらかじめ相談の上、申し込んでくださいね。