金融犯罪

MENU

金融犯罪に注意しましょう!

カードローンはインターネットバンキングを利用していれば、振込み融資の依頼もできとても便利です。
ネット上での取引はと手も便利なのですが、金融犯罪に巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

横行している金融犯罪

金融犯罪には、個人情報を狙うなど、消費者金融や各金融機関を装った偽のサイトを表示し、暗証番号やクレジット情報などを盗み取る詐欺があります。
また、大手消費者金融を名乗り、偽ダイレクトメールやFAX、インターネットなどで、「低金利・高額融資」などと広告し、カードローンの申し込みをしてきた人に、保証金などの名目で現金などを要求するというものもあります。
また「融資実績の確認、信用の調査のため」として、消費者金融で契約するよう誘導し、現金をだまし取る詐欺もあります。正規の登録消費者金融が融資前に保証金を取ったり、現金を要求することはありません。
ですから、現金を渡すようなことはしないでください。
また、「カード会社の実態調査のアルバイト」などと言って話をもちかけ、カードを契約させられたのち、そのカードで借入をされてしまうという手口もあります。
名義貸しは消費者金融では禁止しているので、このような被害に遭っても補償してもらうことができません。
第三者への名義貸しは絶対にやめてください。
知り合いに頼まれて名義貸しをすることもあるかもしれませんが、返済の義務はカードローンの契約者になるので、その知り合いが返済不能になれば、契約者が返済しなければなりません。知り合いであってもカードロの名義貸しは絶対にやめましょう。

専業主婦を狙ったヤミ金

詐欺

消費者金融の中には主婦や無職の専業主婦を狙ったヤミ金もあります。

ソフトヤミ金ともいわれ、最初は親身になって話を聞き信用させて、契約をさせた後は、違法な利息を要求して、返済ができないと風俗で働くように強要したりします。
夫に内緒でヤミ金に手を出してしまった場合、誰にも相談できずに、延々と利息を払い続けるという場合もあります。
専業主婦が正規の登録貸金業者から借りる場合は、配偶者の同意書が必要になるので、夫に内緒で借りたい専業主婦がヤミ金に騙されてしまうことがあります。お金に困っているなら自分で解決しようとせずにご主人や家族、自治体、消費生活センターなどに相談してください。

無職でも借りれるという消費者金融

カードローンに申し込みができるのは安定継続した収入がある方で、無職の人は申し込みができません。
審査の際に在籍確認もあるので、無職の人が申し込んだとしても在籍確認が取れず審査に通りません。
また、アリバイ会社に依頼して、架空の源泉徴収票や給与明細を発行してもらい、在籍確認にも対応してもらってカードローンでお金を借りようとする人もいますが、これは詐欺行為になりますので絶対にしないようにしてください。
カードローンで無職でも借りれるのは、配偶者に安定した収入がある専業主婦や、無職でも親からの仕送りなどがある学生です。
なお、カードローンの契約をするためには専業主婦の場合は配偶者の同意が、学生の場合は親の同意が必要です。
ですから、全く無職の人に融資するという正規の貸金業者はありません。
無職でも借りれるといった甘い誘いに騙されることのないようにしてください。
また、無職の年金受給者に対して年金を担保にお金を貸すという業者もありますがこれもヤミ金です。貸金業者が年金を担保にお金を貸すのは法律で禁じられています。